7年続く妻の不倫をやめさせたい

別れさせ工作別れさせたい
相談者ショウゴさん(仮名)
年齢48歳 既婚
地域大阪
職業会社経営
要望不倫相手と妻が別れてくれるなら他には何も要望はない

ショウゴさん(以後依頼者)は妻であるユウカさん(以後対象者)と結婚をして10年経ちますが、対象者にどうしてやめて欲しい事がありました。7年前に発覚した不倫でした。

年の差があり、結婚した段階で23歳であった対象者に対して、「まだ若いし遊びたいだろうな…」と依頼者は不倫を許していたのですが、一時の不倫であれば仕方ないと考えていた依頼者も長い期間の不倫から自分への扱いが雑になって来たと感じる事や二重生活を繰り返している対象者と不倫相手が結婚したいという事になったらどうしよう…という年齢からの不安を感じてしまい別れさせ屋をネットで検索し弊社にご相談に来られました。

不倫をして5年目の時に不倫に気が付いている事や不倫を止めて欲しいという旨の話し合いを対象者に訴えますが開き直りにも近い形で対象者が離婚を仄めかして来た為に話し合いが出来る空気ではなくなってしまったとの事でした。

不倫を指摘すればいつでも不倫関係を止めるだろう…と考えていた依頼者からしてみれば青天の霹靂です。自分ではどうする事も出来ない事を察した依頼者が悩みに悩み抜いた末に別れさせ工作を決意したのでした。

不倫相手は対象者の以前の交際相手(以後第二対象者)で、既婚者です。相手が既婚者である以上、もしその奥さんに不倫が露呈してしまえば、依頼者もトラブルに巻き込まれかねません。

依頼者は離婚するつもりはないとの事でしたので第二対象者の妻にも気付かれない様に別れさせ工作をして欲しいとの要望がありました。

対象者は不倫している事実を依頼者に見抜かれている事を知っていますし、その旨を第二対象者に話している可能性も考えられます。その場合、第二対象者の妻に不倫の事実を暴露した所で別れるよりも二人の絆が強くなり、関係が強くなってしまう可能性もある為、第二対象者への暴露というのは最初から出来ない事を別れさせ屋ジースタイルの担当者は考えていた為、このケースの別れさせ工作にはハニートラップのプランを提案させていただいていました。

ハニートラップを仕掛ける相手は対象者、第二対象者のどちらが相手にのめり込んでいるのかを確認してからハニートラップを仕掛け、最悪の場合両方にハニートラップを仕掛ける場合も提案させていただきました。

まずは調査を開始し、対象者達の行動を調査します。対象者の情報は依頼者から入る為、第二対象者の情報が不足していた為、不足している部分を補う為の調査になりました。行動を見ているとパッと見は良好な関係を築いている夫婦の様にも見えます。

2人の間に不倫しているという空気感はなく、付き合いの長いカップルか夫婦という空気が漂っていますが第二対象者の行動や視線の先を見てみると若い女性を目で追っている姿が確認され、それに気付いた対象者の表情が寂しい表情をしていた等、調査をしたからこそ二人の関係が分かる様になりました。こういった状況を数度確認した為、ハニートラップの対象を第二対象者に絞ります。

若い女性工作員を使いハニートラップを仕掛けると簡単に連絡先を交換し、お礼を言いたいから今度会って欲しいという旨を伝えると約束を簡単に取り付ける事に成功しました。その後も何度もデートを繰り返し工作員に第二対象者が完全にハマった所で付き合っても良いという旨を伝えます。その頃には対象者と第二対象者の関係が疎遠になり別れさせるまで後一歩という所まで来ています。

女性工作員との体の関係を求めようとする第二対象者が何も出来ない事でイライラし、その欲求のはけ口を対象者に向け、それに気付いた対象者の心は完全に折れ、対象者が第二対象者との関係を完全に切るという旨と依頼者に対して謝罪の気持ちを伝えた所で別れさせ工作が成功しました。

※別れさせ工作の契約期間5ヶ月 料金160万円+成功報酬30%

別れさせ屋とは?
別れさせ屋とは別れさせる事で依頼者の要望を叶える探偵会社になり、別れさせ工作と呼ばれる方法で依頼者が望む対象者二人の仲を引き裂く依頼を承ります。
別れさせ工作とは?
別れさせ工作の方法や依頼した時に掛かる料金・費用について別れさせ工作について説明させて頂くページになります。別れさせ工作について知りたい方はジースタイル大阪にお気軽にご相談下さい。
別れさせ工作の成功事例
別れさせ工作の成功事例を参照して頂いています。別れさせ屋への依頼を検討している方はどんな別れさせ工作の方法で別れさせるのか?の参考にして下さい。
離婚して欲しいと元夫から言われた不倫相手を別れさせたい
ななえ(仮名) 埼玉県在住 無職 元夫と浮気女性を別れせたいというご相談を頂きました。 元夫は離婚後に東京に引っ越しし、東京で仕事をしながら離婚の原因となった不倫相手と同棲中との事でした。 不倫相手の現在の情報はほとんどな...

コメント