妻・夫と離婚したいなら

別れ工作別れたい

離婚という言葉は以前では絶対に認められないものであり、生涯一人の人を愛する約束を交わした婚姻関係を結んだ状態で双方の合意なく離婚するのは悪という風潮がありました。

しかし、婚姻関係を結んだものの愛情が薄れてしまい、共に生活する事が苦痛になり、苦痛が続けば苦痛は更に苦痛になってしまい、いつしか離婚という言葉が頭から離れず日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。

夫婦生活に未来を見出せせない辛い状況なら、結婚生活をどの様に継続させれば良いか?ではなく、離婚という選択をした方がお互いにとって良いケースもあります。

もちろん夫婦である以上、一人で決める事ではなく二人で話し合って決めるモノですが、話し合っても解決の糸口が見えず離婚したい…という言葉が常に頭の中にあるのなら修復の道はないのかもしれません。

修復の道がないなら長年我慢し続ける関係を続けているよりも離婚してお互いに夫婦という関係を一度解消する事で考える期間を設けてみる事も必要ですが、離婚したい側と離婚したくない側では意見が噛み合わず、そこには離婚という二文字の重さが影響しています。

距離を置いた方が良い関係を構築出来る事もあるのですが、離婚という二文字が頭の中にある状態で『距離を置きたい』という言葉は受け入れてもらえない事もあります。

距離を置く事も離婚する事も叶わなければ更に家庭内の空気は悪くなり、距離を置いて話せていれば解決出来ていたかもしれない事も距離を置く事も出来なくなった為、更に離婚への意思を固めてしまうものの離婚に進まないもどかしさから離婚する為に敢えてヒールとなって関係悪化を目論む行動をしなければならなくなります。

夫・妻と離婚したいなら離婚する為の方法が求められ、離婚する為の方法は離婚する為の段階を踏まなければなりません。

離婚したいなら段階を踏んで離婚できる状況を作る必要があり、離婚する為の時間を掛ける必要があります。

別れさせ屋とは?
別れさせ屋とは別れさせる事で依頼者の要望を叶える探偵会社になり、別れさせ工作と呼ばれる方法で依頼者が望む対象者二人の仲を引き裂く依頼を承ります。

同意が得られず離婚したいならキッカケが必要です。

離婚はカップルの別れるとは異なり、双方が合意の元に離婚する以外は離婚する為の理由がなければなりません。

カップルなら『別れたい!』と伝え、『別れたくない!』と言われたとしても『今日から恋人じゃないから付き纏わないで!』と言えば、事実上別れられていますし他に好きな人が出来ても問題はありません。

しかし、夫婦となれば『離婚したい!』と伝え『離婚したくない!』と言われて『今日から夫婦じゃないから付き纏わないで!』と言う事は出来ません。

法律が口頭での離婚を認めておらず、文書として離婚に同意した文書を残さなければ離婚は出来ず、文書とはもちろん夫婦だけの間に残る文書ではなく離婚届けという文書を役所に提出して初めて離婚は成立します。

離婚に同意してもらえなければ役所に離婚届けを出す事は出来ず、片方が勝手に離婚届けを出したところで公文書偽造となり裁判を起こされれば離婚届けは差し戻されて離婚出来なくなってしまいます。

離婚する為には相手の同意を得なければならず相手の同意がどうしても得られないなら同意を得なくても裁判所が離婚しても仕方ないというキッカケを作らなければなりません。

別れさせ屋が使う接触方法から別れさせるまでの手口を簡単に説明します。 | (株)ジースタイル
別れさせ屋が別れさせる為の接触方法から別れさせるまでの手口を簡単に説明させて頂いてます。別れさせ工作の依頼を検討をしている方は参考にして下さい。

裁判所が認める離婚事由

  • 不貞行為(浮気)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • 婚姻を継続しがたい重大な事由

一般的に考えて婚姻関係を継続させるのは難しいな…と考えられるものが裁判所が認める離婚事由になります。

別れたいけど別れられない!どうやったら別れられるの?別れたい悩みを解消する方法 | (株)ジースタイル
別れたいけど別れられないで悩みを抱えている方は男性、女性も少なくありません。どうやったら別れられるの?というご相談を別れさせ屋が解決する方法をご提案させて頂きます。別れたい悩みを解消する方法で困ったら参考にして下さい。

離婚事由を作るから離婚を拒絶させられなく出来る

離婚事由を作るから離婚したいと伝えて拒否させられなくなります。

離婚を拒否できない状態を作るには相手に落ち度を作らなければならず、相手に落ち度を作るから離婚を拒否できなくなるのです。

離婚したい、離婚したくないというのはある種の交渉になります。

離婚したくはないけれど離婚したいと伝え、何かの条件を相手に飲ませるのは交渉の仕方になり、何かの条件を飲ませるには交渉材料がなければ交渉はまとまりません。

交渉材料があるので相手に交渉できる訳ですから離婚事由を作るのは交渉の材料として絶対に必要になります。

話しの分からない相手程、第三者を介さなければ交渉はまとまりません。

第三者を介するなら第三者が判断しても離婚を認められるものであり、離婚事由を作るからどんな言い分も出来ず離婚を認めざるを得ない状況を作る事が出来るので離婚事由を作るのは離婚したいなら絶対に必要な事になります。

別れさせ工作の方法
別れさせ工作の方法についてご理解頂く為の参考にして頂くページになります。別れさせ工作の方法についてもっと詳しく知りたい方はお気軽にご相談下さい。

離婚したいけど離婚事由がないなら別れ工作

離婚したいけど離婚事由がないなら別れ工作のご依頼を頂けば離婚事由を作るサポートを別れさせ屋は承ります。

夫、妻との生活で不満があっても離婚事由がなければ離婚は出来ません。

夫、妻以外の素敵な異性が表れても気持ちを伝える事も出来ず、苦しい夫婦生活という現実から抜け出す事が出来なくなります。

何を言っても離婚に応じてくれない。

仮面夫婦のままで毎日が辛い。

親族が離婚を認めてくれない。

離婚したいけど離婚出来ない方はとても多いのですが離婚事由がない為に離婚に進む事が出来ません。

離婚事由が欲しいけど離婚事由が何もない…という方は別れさせ屋が提案する別れ工作について問い合わせてみては如何でしょうか。

別れ工作とは? | (株)ジースタイル
彼氏(彼女)と別れたい。夫(妻)と離婚したい等、別れたいけど別れてくれない、離婚に全く応じてくれないといった悩みを抱えている方々がご利用いただくサービスが【別れ工作】になります。